ニュース
宝グループについて
IR情報
サステナビリティ
採用情報

サステナビリティ

SUSTAINABILITY

タカラ・ハーモニストファンド

森林・草原や水辺の自然環境を守る活動や
研究を助成しています。

寶酒造(現在の宝ホールディングス)は、1985年の創立60周年を機に公益信託「タカラ・ハーモニストファンド」を設立し、以来毎年、日本の森林・草原や水辺の自然環境を守る活動や、そこに生息する生物を保護するための研究などに対して助成を行っています。
2023年度は、「繁殖期におけるコシアカツバメの減少要因を探る」を行う苗川博史さんのほか、全10団体・個人を助成。38年間の助成先はのべ411件、助成金累計金額は1億9446万1千円となりました。

森林・草原や水辺の自然環境を守る活動や研究を助成しています。

助成先一覧と応募要項

日本の豊かな自然を次世代に引き継ぎ、これからも生物多様性を保全し続けることを目的とし、全国の自然保護団体や研究者に助成していきます。

  • 38年間
  • のべ411

北海道

1986年
特別天然記念物「阿寒湖のマリモ」の保護活動

岩手県

1994年
二戸市における名木・巨木調査に関する報告書

東京都

2011年
小笠原の固有トンボ類再生、保全のための活動

茨城県

2003年
田んぼの生き物保護活動と教育活動

石川県

1990年
石川県の樹木分布の研究

大阪府

2023年
フクロウの繁殖状況と遺伝的多様性に関する研究

京都府

2011年
鹿背山の里地里山を守り育てる活動

岡山県

1987年
カブトガニの保護調査

徳島県

2000年
吉野川河口干潟の保護活動

大分県

2004年
ベッコウトンボの幼虫飼養・増殖の活動

沖縄県

2021年
沖縄県における絶滅危惧種ジュゴンの生息確認

助成先訪問

  • 2024.01.31

    立山山麓家族旅行村
    ミズバショウ自生地保全整備活動

    もっと見る
  • 2023.04.14

    里山環境の豊かさを
    次世代に伝えていく

    もっと見る
  • 2024.01.31

    カワノリの生育条件を調べ、
    消えゆく記憶を記録する

    もっと見る

助成実績

2023年度までの38年間の助成金累計金額は、
1億9446万1千円となりました。
(2023年6月現在)

運営の仕組み

図