宝グループについて

ABOUT

宝グループの企業理念・方針

企業理念

自然との調和を大切に、発酵や
バイオの技術を通じて
人間の健康的な
暮らしと生き生きとした社会づくりに
貢献します。

宝グループのアイデンティティ(宝らしさ)

宝グループの「アイデンティティ(宝らしさ)」は、宝グループとしての存在意義である「企業理念」のもとで、その実現に向けてグループ内のすべての社員が大切にしていくべき価値観を「Values(グループ共通の価値観)」として新たに定義し、長期経営構想(TGC100)で掲げる 「Vision(ありたい姿)」とあわせて体系化したものです。 この“アイデンティティ”を拠り所として、宝グループの社員一人ひとりの多様な力を結集することで、 「宝らしさ」を失うことなく、グループとしての一体感を高めながら、「Vision」を実現していくための企業風土を醸成していきます。

宝グループのアイデンティティ(宝らしさ)

長期経営構想/中期経営計画

宝グループの「ありたい姿」を実現するため、会社創立100周年を迎える2025年を節目として、長期経営構想「TaKaRa Group Challenge for the 100th(略称:「TGC100」)」を策定しました。また「TGC100」の具体的な3カ年実行計画である「第11次中期経営計画」 が2020年度にスタートしました。

長期経営構想「TGC100」(6年間)