サステナビリティ

SUSTAINABILITY

マテリアリティごとの方針・考え方および取り組みテーマと具体的施策

酒類メーカーとしての責任

お酒は、古来より人間関係を円滑にするコミュニケーションツールとして大事な役割を果たしてきました。しかし、一方で、20歳未満の者の飲酒や飲酒運転など、いわゆるアルコール関連問題を引き起こすこともあります。
宝グループでは、アルコール関連問題に対して正面から取り組むことが、酒類を製造・販売する企業として重要な責任であると考え、「責任ある飲酒に関する基本方針」を定め、取り組みを進めています。

宝グループ品質方針

責任ある飲酒に関する基本方針

私たち宝グループは、酒類の製造・販売を行う企業として、アルコール関連問題への対応を重要な責任と考えており、さまざまな活動を通じて、健全な酒類文化の発展のために、社会に働きかけを行います。

  • 適正飲酒を啓発するために、宝グループの従業員すべてが責任をもった行動をします。
  • ウェブサイトや冊子による啓発、商品本体や広告での注意事項の表示などにより、アルコール依存症その他の多量飲酒、20歳未満の者の飲酒、妊産婦飲酒、飲酒運転などの問題解決に努めます。
  • 業界団体、NPO等、様々なステークホルダーとともに、アルコール関連問題に取り組みます。
  • 酒類の製造・販売、広告活動を行うにあたり、関連法令、業界自主基準、宝グループコンプライアンス行動指針や社内規程を遵守します。
  • 従業員に対する啓発活動を推進します。

取り組みテーマ

適正飲酒の啓発

ウェブサイトや冊子による啓発

宝酒造は、1986年にお酒の正しい知識や適正飲酒についてまとめたパンフレット「Say No 読本」を発行しました。さらに2009年にはこれをリニューアルした「お酒おつきあい読本」を発行し、適正飲酒を呼びかけています。この冊子を様々な機関やイベントなどでも提供しているほか、宝酒造ウェブサイトでも公開しています。

従業員に対する啓発

宝グループは「コンプライアンス行動指針」において、従業員は過度な飲酒を慎み、適正飲酒に努めることなどを定めています。また、コンプライアンス教育の一環として、従業員にアルコール関連問題に関するeラーニング等を実施し、受講率100%を達成します。

責任あるマーケティングの実施

責任ある広告の実施

宝酒造は、酒類のテレビCMについて、20歳未満の者の飲酒を誘発する表現はしないなどの他、各種注意表示を行うなど、業界自主基準で定める事項を遵守しています。また、新聞、雑誌などについても同様に注意表示等を行っています。
当社は、酒類の広告・宣伝を行うにあたり、業界自主基準に対する違反件数ゼロの状況を継続してまいります。

商品表示における配慮

宝酒造は、1995年から商品パッケージに未成年者飲酒禁止などの表示を行い、また、2004年からは妊娠中や授乳期の飲酒防止のため、妊産婦飲酒に関する注意表示を表記しています。
純アルコール量の開示については、2021年4月より、宝酒造ウェブサイト上で主な商品から順次開始しています。商品パッケージには、2021年9月新発売のタカラcanチューハイ「すみか」に、当社として初めて純アルコール量を表示しました。2025年度までには、国内で販売するすべての消費者向け商品(酒類調味料除く)に表示する方針です。

すみかのアルコール表示に関しての画像
ホームページアクセス時の年齢認証システム

宝酒造は、20歳未満の者の飲酒防止を目的に、2019年より、宝酒造ウェブサイトの酒類に関するページへのアクセスに対し、年齢認証システムを導入しています。

グローバルガイドラインの尊重

WHOアルコール世界戦略の尊重

宝酒造は、WHOのアルコール世界戦略を尊重し、また同戦略に基づき、我が国が作成した「アルコール健康障害対策推進基本計画」を遵守し、自主的かつ積極的にアルコール関連問題の解決に向けた取り組みに努めています。

外部イニシアチブへの参加

公益法人等が行う適正飲酒の普及・啓発事業等への参画

宝酒造は、1980年に厚生労働省と財務省共管で設立された「公益社団法人アルコール健康医学協会」に業界団体の代表として、企画委員の立場で活動に参画しています。同協会は適正飲酒の普及・啓発及び20歳未満の者の飲酒防止を事業の柱としたアルコール関連問題に取り組んでいます。
また、酒類の広告・宣伝を審査する「酒類の広告審査委員会」にも委員として参画し、酒類の広告・宣伝の適正化に努めています。

サステナビリティ・ビジョンにおける目標

図表

関連するSDGs

  • 03