サステナビリティ

SUSTAINABILITY

マテリアリティごとの方針・考え方および取り組みテーマと具体的施策

安全・安心

宝グループは、食品や医療に関わる企業として、お客様に安心を感じて頂くことが重要であると考えています。将来にわたってお客様に信頼される企業グループであり続けるために、「宝グループ品質方針」を定め、取り組みを進めています。

宝グループ品質方針

宝グループ品質方針

私たちは、「自然との調和を大切に、発酵やバイオの技術を通じて人間の健康的な暮らしと生き生きとした社会づくりに貢献します。」という宝グループの企業理念のもと、安全で安心していただける商品・サービスを世界中のお客様にお届けします。

  • 1.私たちは、お客様の声に真摯に耳を傾け、ご満足頂ける品質を追求します。
  • 2.私たちは、お客様に商品をお届けするまでの全てのプロセスにおいて、グループ一体となって品質保証活動に取り組みます。
  • 3.私たちは、関連する法令・自主基準を遵守します。
  • 4.私たちは、適切でわかり易い情報提供に努め、お客様の信頼にお応えします。

取り組みテーマ

宝酒造における安全・安心な品質の確保

食品安全マネジメントシステム(FSSC22000 国内全6工場)の維持

宝酒造では、国内全6工場(松戸工場、楠工場、伏見工場、白壁蔵、黒壁蔵、島原工場)において、食品安全マネジメントシステムに関する国際規格FSSC22000の認証を取得しています。

宝酒造の安全な商品づくり

設計段階における関連法令・自主基準への適合性審査

商品設計の段階では、品質規格、商品の安全性から容器・包装品、製造工程に至る商品の設計内容すべてに対し、デザインレビュー(設計審査)の手法を用いて安全・安心な商品であることや、適法性や表現などの妥当性を確認しています。こうして「不良」となりうる可能性を設計段階で十分に排除し、万全な品質設計であることを確認したうえで、商品化しています。

安全性を確認した原料の安定調達

原料の調達については、調達ルートがすべて間違いなく確認できる原料、もしくは品質保証書において品質・安全性・適法性が確認できる原料のみを採用しています。一部の輸入原料や農産物原料に対しては、前述の取り組みに加え、残留農薬、重金属などの分析を実施し、安全性を確認しています。原料分析に際しては、専門分析機関と同等レベルの高性能な分析機器を分析センターと主力工場に配備しています。
また、放射能リスクへの対応として、国産原材料については、放射性物質の基準値への適合を確認したうえで調達しています。あわせて、国産原材料の自社による検査を並行して実施しています。さらに、関東・東北エリアの生産工場においては、継続的に製造用水・製品の放射性セシウムをモニタリングし、基準値への適合を確認しています。

安全かつ安定した品質を作り込む製造ラインの維持・向上

工場の建屋内は清浄度別にゾーンを分けています。充填室など最も高度な清浄性が要求される作業区域においては、クリーンルーム仕様を採用し、異物混入を防いでいます。充填後は、自動検査装置による異物検査や印字検査、検査員による目視検査や官能検査、最新の分析装置を利用した成分分析・検査を実施して、商品の安全と品質を確保しています。

お客様満足の追求(ISO10002)

お客様相談室には、年間約9,000件のお客様の声が寄せられています。内容は、商品の取扱店、賞味期限、原材料の原産地などに関するお問い合わせ、さらには商品に関するご意見・苦情など、多岐にわたります。宝酒造では、これらの声の一つひとつに真摯に耳を傾け、よりご満足いただける商品づくりや商品の改良に取り組んでいます。さらに、お客様対応/苦情対応マネジメントシステムISO10002の自己適合宣言により、「お客様満足のための基本方針」と「お客様対応の行動指針」を定め、お客様対応プロセスの継続的な改善に取り組んでいます。

図表

タカラバイオグループにおける安全・安心な品質の確保

タカラバイオグループの品質マネジメントシステム(ISO9001ほか)の維持

タカラバイオグループでは、タカラバイオ、宝生物工程(大連)有限公司、タカラバイオDSSインド、タカラバイオヨーロッパS.A.Sにおいて、品質マネジメントシステムISO9001の認証を取得しています。あわせて、タカラバイオUSAと宝生物工程(大連)有限公司においては、診断薬などの品質マネジメントシステムISO13485の認証を取得し、厳正な品質管理を行っています。さらに、タカラバイオにおいては衛生検査所登録、CAP-LAP(米国病理学会の臨床検査室認定)、特定細胞加工物製造業などの第三者認証や許可を取得し、製品やサービスの継続的な品質向上に取り組んでいます。

GMP/GCTP等の各種品質・製造・安全基準、第三者認証制度への適合・維持

タカラバイオでは、再生医療等製品の開発製造支援を行なうCDMO事業や自社の遺伝子治療プロジェクトの臨床試験で使用する治験製品の製造を行う、遺伝子・細胞プロセッシングセンターにおいて、GMP/GCTPに準拠した業務を行うとともに、衛生検査所登録、特定細胞加工物製造業、再生医療等製品製造業などの業許可を取得しています。また、CAP-LAP(米国病理学会の臨床検査室認定)などの第三者による認証を取得するなどの取り組みを行っています。

  • ※医薬品や再生医療等製品の製造・品質管理基準
製品情報の適切な開示

製品や自社のホームページにおいて製品説明書添付・掲載を行っています。また、CoA(Certificate of Analysis:分析証明書)、SDS(Safety Data Sheet:化学物質等安全データシート)、毒物及び劇物取締法に基づく毒物・劇物の表示、カルタヘナ法に基づくLMO(遺伝子組換え生物)該当品の表示など、法令や規制に基づいた適切な情報の開示・提供を行っています。

サステナビリティ・ビジョンにおける目標

図表