宝ホールディングス 新卒採用情報 新卒採用情報

このページを共有する >

MYPAGE ENTRY ENTRY

お酒がもつ大きな可能性、
お酒と食を通して人々に感動を伝えたい。

宝酒造株式会社 
首都圏支社 
販売第二統括部第一支店

橋村 紘平
KOHEI HASHIMURA

キャリアパス
2015年4月人事部付
2015年7月首都圏支社 業務用販売統括部第二支店
2016年4月首都圏支社 販売第一統括部第三支店
2017年4月首都圏支社 販売第二統括部第一支店

お酒がもつ大きな可能性、
お酒と食を通して
人々に感動を伝えたい。

宝酒造株式会社 首都圏支社 販売第二統括部第一支店

橋村 紘平KOHEI HASHIMURA

キャリアパス
2015年4月人事部付
2015年7月首都圏支社 業務用販売統括部第二支店
2016年4月首都圏支社 販売第一統括部第三支店
2017年4月首都圏支社 販売第二統括部第一支店

Q1.どのような仕事に
取り組んでいますか?

自分の目で見た生の情報を活かし、
商品を育てていく。

私は現在、営業として、主にスーパーマーケットを担当しており、得意先の売上に貢献できるよう、商品の提案や売場作りを行っています。商談の際は商品の味・特徴だけではなく市場分析などを活用した提案が重要です。その一方で、店頭で映える陳列など、自身の目で見た生の情報を活かした提案が更に重要だと感じています。そのため、一店一店お店を周り情報収集しています。スーパーマーケットでは本部商談で決定した企画や商品が各店舗で水平展開され、消費者の手に届きます。実際に商品が店頭に並ぶまでには、多くの準備や交渉の過程があるのですが、その過程を経て得意先と一緒に当社商品を育てていくことができる点は、大きなやりがいとなっており日々奮闘する毎日です。

橋村 紘平

Q2.印象に残っている
エピソードはありますか?

相手の立場に立ち、ニーズや悩みに気付く。
そして築ける信頼関係。

入社してから2年間は、飲食店をお客様とする業務用ルートの営業をしていました。その際、当社の製品を売り込む私に対し、当時の得意先酒販店の社長から「ただ自分の要望を伝えに来ているだけでは誰もあなたのために動かない。もっと相手の望む提案をしてほしい」とのアドバイスを受けました。当初私は、自分が売りたい商品の提案を重視し、相手のニーズに気付いていませんでした。その言葉を受け、得意先への訪問頻度を増やし、より密なコミュニケーションを取ることを意識して行動しました。会話が増えることで相手のニーズや悩みを共有でき、酒販店の立場に立った提案に繋がり、さらにそのような提案がお客様である料飲店の課題解決、そして信頼関係の構築へと発展しました。その結果、得意先が会社として当社製品の拡売に動いてくださるようになり、当社製品を取り扱う料飲店が増加しました。自身の活動によって得意先全体が動いてくれたことは営業として自信になりましたし、得意先の社長には今でもとても感謝しています。得意先の立場に立った提案は営業として基本中の基本ですが、このように実感することであらためて相手の立場に立つことの重要性を認識し、社会人として成長するきっかけとなりました。

橋村 紘平

Q3.これからチャレンジしたい事や
目標は何ですか?

お酒を通じ、様々なシーンで
人々の心と生活を豊かにしたい。

「お酒を通して人々の心と生活を豊かにしたい」という入社時の目標を実現したいです。私自身入社してから食とお酒にまつわる感動を経験することで、心と生活に豊かさが加わりました。例えば、私は入社するまで清酒をあまり口にしませんでしたが、仕事を通して食事と清酒の相性を知り、より食に興味を持つようになりました。私の友人にも当社の「澪」から清酒を知り、今では独自の清酒コミュニティに参加するようになった人もいます。
私たちはこのように感動を伝えられる大きな可能性を持っていると思います。普段お酒を飲まない人がふと手に取りたくなる売場を作り、お酒の楽しさを知ってもらう仕掛けをすること、飲食店に今までなかった価値や飲み合わせを提案し、食とお酒の幅を広げること、海外で和酒という文化をさらに広めること、私は今後、様々な面でこのような仕事に携わり、少しでも人々の心や生活を豊かにしていきたいと思っています。

橋村 紘平

プライベートエピソード

シチリア島で飲んだ
レモンサワーは思い出の味。

新婚旅行で地中海クルーズにいきました。初めて訪れるヨーロッパは雰囲気だけで酔えるほど有意義な旅となりました。レモンの名産地であるシチリア島では、当社の焼酎を使ってレモンサワーを作りました。ロケーション効果もあり、今まで飲んだ中で一番思い出に残るレモンサワーとなりました。(会社愛が強すぎると友人に驚かれましたが。)ヨーロッパ三か国を観光し、各国の文化に触れたことに加え、船上で大好きなお酒を飲みながら様々な方と交流したり、正装をして船上パーティに参加したりと、非日常空間を味わうことができたことが何よりの思い出となっています。長期休暇をとりましたが、その間上司や先輩社員に得意先の対応をしてもらうなど、あらためて周りに対し感謝を感じると共に、恵まれた職場で働いていることを再認識しました。

橋村 紘平

ページトップ