ホーム > 会社情報 > 女性活躍推進法・次世代育成支援対策推進法への取り組み

  女性活躍推進法への取り組みについて
 
平成28年4月に施行された「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)」に基づき、宝ホールディングス株式会社では女性の更なる活躍推進に向けて行動計画を策定しています。 また女性の活躍に関する情報を公表しております。
 
■行動計画について
女性が活躍できる雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間

  平成28年4月1日~平成32年3月31日
 

2.目標と取組内容・実施時期
      ※目標は、宝ホールディングス、宝酒造、宝酒造インターナショナル 3社計とする。

  目標1:事務系・技術系の新卒採用者の女性比率を30%以上とする。
  <取組内容>
  平成28年~ 学生向けの説明会時に職場で活躍する。
女性社員の事例を紹介。(期間中、毎年実施)
会社説明会や面接時のスタッフに女性社員を積極的に登用。(期間中、毎年実施)
採用における取組内容、女性の採用者数と競争倍率の検証と次年度取組内容の検討
  平成29年~ 当社採用ホームページを、より女性活躍事例を紹介する内容にリニューアル
  以後、採用活動の振り返りと改善を繰り返し、新卒採用者女性比率を30%以上とする。
     
  目標2:新任女性管理職、新任女性課長補佐を期間中にのべ18名以上登用する
  <取組内容>
  平成28年~ 女性管理職候補、女性課長補佐候補の社員を対象にリーダーシップ研修を実施
並びに研修実施による参加者同士のネットワーク形成を支援。
(以後、期間中、定期的に実施)
  平成30年~ 女性社員の上司を対象に、女性活躍に向けた社員育成研修を実施
(以後、期間中、定期的に実施)
 
■女性の活躍に関する情報公表  ※宝ホールディングス、宝酒造、宝酒造インターナショナル 3社計
  ○男女別の平均継続勤務年数
男性23.1年 女性20.0年
      ※正社員勤続年数 平成29年4月1日現在
  ○採用した労働者に占める女性労働者割合
事務系・技術系 計 35.0%
      ※平成29年度 新卒採用者
  ○女性役職者人数
24名
      ※平成29年4月1日時点
 
  次世代育成支援対策推進法への取り組みについて
 
平成17年4月に施行された「次世代育成支援対策推進法」に基づき、宝ホールディングス株式会社では、社員が仕事と子育てを両立し、働きやすい職場環境をつくることができるよう行動計画を策定しています。
 
■行動計画について
 
1.計画期間
  平成28年7月1日~平成32年3月31日まで(第一期目)
 
2.計画内容
  目標1【制度の充実と活性化】
  (対策) 平成32年3月までに、子育てをする社員が働きながら育児しやすくなるような制度をさらに充実・活性化させます。
   
  目標2【仕事と家庭の両立推進に関する社内啓発】
  育児休職制度、父親が配偶者の出産時に取得できる休暇制度など、仕事と家庭の両立推進に関する研修プログラムを毎年実施します。
  (対策) ・平成28年7月より、毎年行なう新入社員研修、新任管理職研修で仕事と家庭の両立推進に関する研修プログラムを実施します。
  ・計画期間内に、社内イントラネットにて専用サイトを新設することなどにより社内啓発を図ります。
   
  目標3【出産・育児を事由とした退職者数ゼロ】
   (対策) 平成28年7月より、目標2で掲げる研修プログラムなどを通じて制度の社内啓発を行ない、目標値の達成を目指します。