ホーム > ニュース > 2018年9月20日

宝ヘルスケア株式会社の株式譲渡に関するお知らせ

 宝ホールディングス株式会社は、9月20日開催の取締役会において、当社の連結子会社である 宝ヘルスケア株式会社(以下、「宝ヘルスケア社」)の全株式を、2019年1月1日付(予定)で シオノギヘルスケア株式会社(以下、「シオノギヘルスケア社」)に譲渡することを決議しました。
 また、同時に当社の連結子会社であるタカラバイオ株式会社(以下、「タカラバイオ社」)は、 9月20日開催の取締役会において、同社の健康食品事業をシオノギヘルスケア社に承継することを決議しました。
 これにより、宝グループの健康食品事業を一体でシオノギヘルスケア社に譲渡・承継することになりました。

 当社では、2017年度からスタートした3カ年の経営計画「宝グループ中期経営計画2019」に取り組み、宝酒造(国内事業)、宝酒造インターナショナルグループ(海外事業)、タカラバイオグループ(バイオ事業)の3つの事業セグメントに経営資源を集中した成長戦略を描くとともに、資本効率のさらなる向上を目指しています。
 また、タカラバイオグループでは、「バイオ産業支援事業」、「遺伝子医療事業」、「医食品バイオ事業」の3つの事業部門の戦略の推進と、これらを支える経営基盤を強化し、グローバル企業かつ再生医療等製品企業としてのプレゼンスを向上させ、飛躍的な成長を遂げることを目指しています。

 これらの計画のもと、宝グループ及びタカラバイオグループにおいて、成長戦略に即した事業推進と、計画の進捗状況を踏まえ、より一層の経営資源の集中を図ることが、宝グループ全体の企業価値向上に資すると考えました。
 また、現在ご愛顧いただいておりますお客様の皆様に、引き続き安心して健康食品をお届けするため、最良な譲渡・承継先として、シニア向けの健康増進事業の強化を図るシオノギヘルスケア社と本案件を締結するに至りました。

 当社グループは今後とも、国内外の強みを活かせる市場で事業を伸ばし、環境変化に強いバランスのとれた事業構造の確立を目指して、企業価値の向上に努めてまいります。  

■株式譲渡する子会社の概要
名称 宝ヘルスケア株式会社
所在地 京都市中京区三条通烏丸西入御倉町85-1 KDX烏丸ビル4階
代表者 代表取締役社長 原 仁嗣
事業内容 健康食品の製品開発及び販売
資本金 90百万円
設立年月日 2006年9月7日
株主 宝ホールディングス株式会社 100%
役員・従業員数 23人


■株式譲渡の相手方の概要
名称 シオノギヘルスケア株式会社
所在地 大阪市中央区北浜2丁目6番18号 淀屋橋スクエア7階
代表者 代表取締役社長 平野 格
事業内容 一般用医薬品、医薬部外品、管理医療機器などのヘルスケア商品の開発・製造販売
資本金 10百万円
設立年月日 2016年1月15日
株主 塩野義製薬株式会社85%、ロート製薬株式会社15%
役員・従業員数 92人


■株式譲渡の日程
契約締結日 2018年9月20日
譲渡期日 2019年1月1日(予定)


■本件に関するお問い合わせ先
【お客様からのお問い合わせ先】
 宝ヘルスケア株式会社 0120-810-771
【報道関係者様からのお問い合わせ先】
 宝ホールディングス株式会社 広報課:075-241-5122(京都)/03-3278-8460(東京)