ホーム > 会社情報 > 企業方針 > 宝グループ・サステナビリティ・ポリシー

宝グループ・サステナビリティ・ポリシー

『宝グループ・サステナビリティ・ポリシー』は、宝グループを取り巻く環境保全、安全・安心の提供、アルコール関連問題といった社会・環境課題について、10の重要課題(マテリアリティ)を取り上げ、取り組み方針を示しています。

宝グループは、長期経営構想「TaKaRa Group Challenge for the 100th」の中で、“人と人の繋がりと笑顔にあふれた健康的で豊かな暮らしへの貢献”を宣言しています。これを将来にわたって実現し続けていくためには、様々な社会・環境課題の解決に従来以上に取り組む必要があるという認識のもと、新たに『宝グループ・サステナビリティ・ポリシー』を策定しました。

〈宝グループ・サステナビリティ・ポリシーで取り組む重要課題(マテリアリティ)〉の図

ページトップへ