公益信託タカラ・ハーモニストファンド 平成25年度の助成先募集開始

 自然環境保全に関する研究・活動への助成をおこなう公益信託タカラ・ハーモニストファンドでは、平成25年度の助成先を募集します。期間は2月6日より3月31日(必着)までです。

 公益信託タカラ・ハーモニストファンドは、昭和60(1985)年に、宝ホールディングス株式会社(当時は寳酒造株式会社)の拠出基金(信託財産)をもとに、「わが国の自然を形づくる豊かな緑ときれいな水を守ることを中心として、日本の自然環境の保全の推進に寄与する」ことを目的として設立され、その基金および運用益によって自然環境保全に関する研究・活動への助成を四半世紀以上にわたって続けています。平成24年度までの27年間の助成先はのべ291件、助成金累計額は1億4005万円となっています。

 本年度の助成金総額は500万円程度で、助成件数は10件程度です。運営委員会による審査、選考により助成金贈呈先を決定、6月に発表の予定です。

応募要領(概要)

応募方法 

 TaKaRaハーモニストファンドのホームページより申請書をダウンロードし、
 記入、捺印の上、事務局宛てに簡易書留で郵送。

事務局

 みずほ信託銀行京都支店内

締切

 平成25年3月31日必着

<公益信託TaKaRaハーモニストファンド概要>

【名称】

公益信託TaKaRaハーモニストファンド

【信託目的】

わが国の自然を形づくる豊かな緑ときれいな水を守ることを中心として、日本の 自然環境の保全の推進に寄与することを目的としています。

【委託者】

宝ホールディングス株式会社

【受託者】

みずほ信託銀行株式会社

【拠出信託財産】

3億円

【設立時期】

昭和60年(1985年)10月

【主務官庁】

環境省

【事業】

  • ・ 日本の緑を構成する森林、木材などの陸域の自然環境を保護するための研究・活動に対して助成します。
  • ・ 海、湖、河川などの水域の自然環境(水棲生物を含む)を保全するための研究・活動に対して助成します。
  • ・ 信託目的を達成するために必要と認められる普及・啓発事業をおこないます。
  • ・ その他、信託目的を達成するために必要と認められる事業をおこないます。

【信託管理人】

前田 達明
京都大学名誉教授

【運営委員長】

八木橋 惇夫
元環境事務次官

【運営委員】

布谷 知夫
三重県立博物館館長
沢田 裕一
滋賀県立大学環境科学部教授
斎藤 清明
元総合地球環境学研究所教授
鹿野 久男
元財団法人国立公園協会理事長
遊磨 正秀
龍谷大学理工学部教授
大宮 正
宝ホールディングス株式会社取締役副会長
矢野 雅晴
宝ホールディングス株式会社取締役

【URL】

http://www.takarashuzo.co.jp/environment/fund/

< ご参考:助 成 実 績 >

年度

助成件数

助成金合計(万円)

1

昭和61年

7

405

2

昭和62年

9

500

3

昭和63年

10

500

4

平成元年

12

580

5

平成2年

12

600

6

平成3年

15

700

7

平成4年

12

500

8

平成5年

11

620

9

平成6年

10

500

10

平成7年

12

600

11

平成8年

11

502

12

平成9年

11

468

13

平成10年

10

500

14

平成11年

11

500

15

平成12年

11

500

16

平成13年

11

500

17

平成14年

12

500

18

平成15年

10

500

19

平成16年

11

550

20

平成17年

11

500

21

平成18年

11

500

22

平成19年

10

500

23

平成20年

10

500

24

平成21年

10

498.9

25

平成22年

11

486

26

平成23年

10

498.4

27

平成24年

10

496.7

合 計

291

1億4005万円